古いピアノでの買取可能なのか

ピアノ

使わなくなったピアノは、ピアノ買取業者に買取をしてもらうことができますが、古いピアノになると買取可能なのかどうか不安になる人も多いでしょう。結論から言うと、年数が経過したものは新しいものより安くなっていまいますが、単に古くなっただけであれば買取をしてもらうことが可能です。ただし、一般的には30年以上の年数が経過したピアノになると買取できなくなってしまうことが多くなると言われているため、その点は注意しておきましょう。また、破損してしまったピアノについては、破損の程度などによって買取できるかどうかが変わってきます。そのため、ちょっとした部品の交換や修理などで済む程度であれば買取可能な場合もありますが、破損や傷みがひどいものは買取してもらえない場合が多いと言えます。

買取してもらえるピアノの種類

ピアノ買取業者に買取してもらえるピアノの種類は、大きく分けてアコースティックピアノと、その以外の電子ピアノなどになります。まずアコースティックピアノには、普通の家庭でよくみられるコンパクトな形状の「アップライトピアノ」と、コンサートホールなどで利用される大型の「グランドピアノ」があります。ピアノ買取の場合は、一般的にアップライトのことを指す場合が多いため、業者によってはグランドピアノの買取ができないところもあるということに注意しましょう。そして「電子ピアノ」については、アコースティックピアノと比べると元々の購入価格が安いため、買取価格も安くなる傾向にあると言えます。

買取方法の種類

ピアノ買取の方法として最も一般的なのは、業者が依頼者の自宅までピアノを取りにきてくれる「出張買取」です。自分で持ち運べるような品物であれば直接業者の店舗に持ち込むことも可能なのですが、ピアノは大きくて重く、配送にも専門のノウハウが必要になるため、出張での買取が一般的になっています。また出張料に関しては、無料のところや有料のところがあるなどさまざまなので、事前に確認しておくことが大切でしょう。次に挙げられるのは、業者が引き取りにくるのではなく、ピアノを自分で宅配業者に送ってもらうという「宅配買取」です。この宅配買取は、手軽にできることがメリットなのですが、通常のアコースティックピアノは受け付けていないことが多いですし、買取対象はサイズの小さい電子ピアノなどに限られます。また査定方法に関しては、インターネット上で「オンライン査定」を行っているところもあるため、そうしたところを利用すれば事前におおよその買取価格を知ることができて便利です。